スワップ鞘取り、ポジションの取り方💡

「買いポジションと売りポジションを同時に取る」やり方について質問をいただきました。ですので、私なりにお答えしてみたいと思います^^

スワップ鞘取りは、スプレッド分のマイナスからスタートするので、スプレッドはもちろん小さい方が理想的です。0だとサイコーですね( ^ω^ )wテクニカルを駆使して、スプレッド0か0に近いところで両建てされている先輩方も、たくさんいます。ただし、スワップ鞘取りは枚数多めでやっているので、リスクも高くなってしまいます(*_*)買いポジションと売りポジションを持つ時差が大きくなればなるほど、ポジション差が10pips〜20pipsになる可能性も出てきますね💦これを鞘取りで埋めるには、かなりの時間がかかってしまう。。😱

このリスクを取りたくないので私は、欲をかかずにポジション建てします(*´∀`*)ヒロセ通商はPCで、DMMFXはiPhoneで、同時に「買い売り成行エントリー」えいっ!!!って感じですw

10年以上ぶりかな⁉︎ブタメンを、超久しぶりに食べました🐽こんな味だったっけw

日付 2018/2/13
通貨ペア 豪ドル円
買いFX会社 ヒロセ通商
買いスワップ 50円
買い枚数 20万通貨
受取スワップ 1000円
売りFX会社 DMM.com証券
売りスワップ 42円
売り枚数 20万通貨
支払スワップ 840円
損益 160円
日付 2018/2/13
通貨ペア NZドル円
買いFX会社 ヒロセ通商
買いスワップ 60円
買い枚数 30万通貨
受取スワップ 1800円
売りFX会社 DMM.com証券
売りスワップ 50円
売り枚数 30万通貨
支払スワップ 1500円
損益 300円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です