まったりお金儲け|スワップさやとり両建てFX週間レポ(17/12/12~12/16)

12月12日から12月16日のスワップ収益をまとめました。

 

受け取りスワップポイントが多い口座で買い、支払いスワップポイントが少ない口座で売りのポジションを両建てしているので、差額のスワップポイントを得つつ、上がっても下がっても為替差益は常にゼロのままです。

一般的なスワップ狙いのポジション保持は、上がっているうちは良いのですが、下がってくると含み損がスワップ益を超えてしまったりもします。でもこの両建てなら、値動きの影響が基本的になくなります。

あらためてまとめた、この運用のポイントは以下の通り。

  • NZドル円、豪ドル円を、おなじ枚数でヒロセで買い、DMMで売りを両建てする
  • 十分な資金を用意する
  • 焦って枚数を大きくせず超低レバ運用
  • 相場が大きく動いたら、マイナスになっている口座に、プラスになっている口座からお金を移動させる

上記が守られていれば、日々チャートを見たり、売り買いをする必要はありません。

詳しい運用のルールは、下の記事にまとめてあります。

なぜ両建てでお金が儲かるのか? スワップさや取りFXの仕組み
運用の基本ルール

期間
2017年12月12日~12月16日
通貨ペア 豪ドル円 NZドル円
買いFX会社 ヒロセ通商 ヒロセ通商
買い枚数 20万通貨 30万通貨
買いスワップ合計 ¥7,000 ¥12,600
売りFX会社 DMM.com証券 DMM.com証券
売り枚数 20万通貨 30万通貨
売りスワップ合計 ¥4,800 ¥8,520
週間損益 ¥2,200 ¥4,080
ブログ開始時からの損益 ¥41,600 ¥76,870
合計損益

豪ドル円 スワップさやとり運用の累積損益

NZドル円 スワップさやとり運用の累積損益

【関連記事】
なぜ両建てでお金が儲かるのか? スワップさや取りFXの仕組み
運用の基本ルール

※運用開始直後は3日分スワップポイントが付与される日を考慮せず、単純に日割りしていましたが、8月22日より3日分が付与される日を集計に反映させるようにしました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です